第10回 サインは慎重に

 

ひさびさの交通事故のお話です。

 

今回お伝えしたいことは

「示談書にすぐサインをしない」

ということです。

 

なぜなら、示談書にサインをしてしまうと

それでその件に関してはすべて終了となってしまうからです。

どんなに痛みが残っていても

サインをしてしまうとそこで補償は終了になります。

yjimage (27)

損保の担当者によっては、早い段階で

「示談書送りますんで、サインして送り返してください」

と言ってくる場合がありますが、そのテンポには乗らず、

詳しい人と相談して、熟慮してからサインしましょう。