摂津・茨木・吹田の整骨院|とみやま整骨院 > 交通事故 > 第9回 痛みが出たらすぐに診察へ

第9回 痛みが出たらすぐに診察へ

 

前回、医師の診察の時に

「少しでも痛いところは全部言うようにしましょう」

と、お伝えしました。

今回はその補足です。

 

例えば、医師の初診の際には 「首だけが痛かった」 とします。

その2日後に腰が痛くなってきた・・・

交通事故の怪我ではこんなことがよくあります。

 

そんな時は、すぐに病院に行って

新たに痛くなった箇所を診察してもらって、

診断書に追加 してもらいましょう。

 

何故 「すぐに」 なのか?

 

交通事故による怪我を認めてもらえるのは

事故発生から おおよそ10日以内 だからです。

(医師によって多少前後はあります)

 

事故後20日以上経過してから

「初診の2日後に腰も痛くなってきたんですけど」 と

医師に伝えたとしても、

 

「もう事故発生からだいぶ時間が経っているから

その腰の痛みが事故によるもと証明できない」 

と言われる可能性が高いです。

 

そうなると、例え腰の痛みがあったとしても

腰の痛みに関しては全く補償してもらえなくなります。

 

ですので、痛みが少しでもある場合、又は 新たに出てきた場合は

全て、早い段階で医師に伝えるように徹底してください。