【交通事故コラム】第2回

第2回  人身事故 か 物損事故 か

 

それでは、交通事故コラムの第2回です。

事故後、人身事故扱い にするか 物損事故扱い にするかを

警察の方から聞かれたり、

相手の損保さんに物損事故扱いをお願いされたりする場合があります。

 

では、人身事故と物損事故ではどう違ってくるのか?

 

yjimage (30)

 

物損事故扱い の場合でも整骨院での施術料は 0円

1回通院する度に患者さんへ支払われる慰謝料も払われます。

 

実際に当院では物損事故扱いの場合でも

今のところ特に大きな問題はなく処理できています。

 

知り合いの損保の代理店の方に聞いても、

「どちらでも、特に違いはないですよ」 という答えが返ってきました。

 

しかし、交通事故専門の弁護士さんのHPでは 「人身事故にすべき」 

となっています。内容は一般の方には少し難解な書き方になっており、

文章も長いのでここでの細かい説明は省きますが

簡単にまとめると、

「物損事故扱いだと、補償される金額が少なくなる等、

十分な補償が受けられない場合があるということです。

 

また、知り合いの交通事故専門の行政書士さんの話では

「物損事故だから・・・」 という理由で、

相手の損保さんが早めに補償を打ち切ろうとしてくることがある、ということです。

 

ちなみに、物損事故扱い になった場合、

加害者側は運転免許の点数が減点されない

というメリットがありますので是が非でも物損事故扱いに

してもらいたいでしょう。

 

結論としては、

物損事故扱いにしてしまうと被害者側にはメリットは特にありません。

しっかり補償を受けたいならば、人身事故扱いにすべきです。

 

事故直後は身体が特に痛くなくても、数日後には痛みが出てきてしまうのが

交通事故によるよくある怪我の特徴ですので身体が痛くなくても、

とりあえず人身事故扱いにしておいた方が無難です。

 

逆に加害者になってしまった場合は・・・

物損事故扱いにしてもらえたらラッキー、といったところですね。

 

 

あなたが交通事故に遭われた場合、これらのことをしっかり頭に入れてお役立てください。

 

 

 

摂津市の整骨院 | とみやま整骨院の診療受付スケジュール

 

※▲水曜日の午後は予約制です。

※日祝は休診です。

 

連絡先:072-633-7102

住所:大阪府摂津市香露園30-17