腰痛

腰痛

多くの人が一度は経験する体の痛み、それが腰痛です。

腰痛は痛みの疾患第一位だと言われています。
およそ10人に1人が腰痛を経験していると言われています。
起きていても、寝ていてもつらい、その痛みは常に私たちを悩ませます。
体の中心であるところの腰の痛みは、体全体の不調につながります。

 

身近な疾患である腰痛ですが、その原因は様々で、

加齢」「脊椎の異常」「筋肉・神経の損傷

内臓疾患」「頚椎版障害」「生活習慣」などで投稿を表示す。

 

長時間のデスクワーク運動不足肥満ストレスなど、

現代社会に生きる私たちは様々な要因にさらされており、
最近では長時間スマートフォンを利用することで、

姿勢が悪くなり腰痛になる人も増えているそうです。

特に「生活習慣」が原因の場合は未然に防ぐことができます。

 

腰痛は「生活習慣」による腰周りの筋力の低下により引き起こされると言われております。

仕事中に背筋を伸ばす等、意識するだけでも腰にかかる負担を軽くすることができます。

また、移動手段に車を利用するのではなく、歩くことを選択することで日常の中に運動を取り入れることができます。

肥満も解消でき、筋力が付き腰を支える力が増えます。
気軽に行える「腰痛体操」なども日常的に取り入れると腰の筋力がアップします。

 

ストレスも腰痛が長引く原因とされます。

ゆっくりと入浴する時間を持つだけでもリラックスでき筋肉の緊張をほぐすことができるでしょう。

このように生活習慣のちょっとした改善で腰痛を防ぐことができることは、
悩まされている人が多いにもかかわらずあまり意識されていないように感じます。
腰痛は生活習慣を変えるだけでも改善します。

 

お悩みの方、ぜひ一度、当接骨院にご相談ください。

 

【参考サイト】

腰痛ナビ

http://www.lumbar.jp/taisou.htm