腱鞘炎でお困りのあなたへ

kenshoen

腱鞘炎とは、腱を包んでいる鞘である腱鞘に炎症が起こる病気で、手や指を使う方に多くみられます。

 

001 002

 

整骨院等では手や指を使わないようにしたり、サポーターやテーピングを使っての固定、レーザー・超音波・電気等での施術。
整形外科においては、ステロイド注射、リハビリテーション、湿布、飲み薬等の治療法がおこなわれています。

 

それでも改善されない場合は手術が勧められる場合も多いようです。
上記の方法は、痛みが出ている局所に対して行うものがほとんどです。

 
ちなみに私が考えている根本の原因は、身体の使い方(力の入れ方)と姿勢です。
そして、施術の際のポイントは首・背中・手首(手首に痛みが出ていない場合)です。
根が深い場合は骨盤も視野に入れます。

 

ばね指や腱鞘炎になられて、痛みが出ている局所への治療しか受けたことがない方は、または、他の整骨院や整形外科で結果がでなかった方は、是非とも当院で数回施術を受けてみてください。

その症状は改善する可能性があります。