ラーメン三昧(その6)


 

大阪市内のインスタントラーメン専門店

 

やかん亭さくら

 

IMG_0563

 

 

そこで買ったラーメンの数々

 

IMG_0577

 

 

今回食べたのがコレ

 

o0160021213910096661

 

北海鮭節ラーメン

 濃厚とんこつ鮭節醤油味

 

 

鰹節(かつおぶし)ならぬ、鮭節(さけぶし)なのです。

 

 

でも、鮭節なんて聞いたことないなあ

 まあ、その名の通り鰹節の鮭バージョンなんでしょうけど・・・

 

心配なのは塩分が濃すぎないか、ということです。

 

数年前にちょっと離れた場所にあるラーメン屋で

「魚介とんこつ」ラーメンを食べたときに、

 味が濃厚というより、塩分が濃すぎて

 絶句したことがあるんですよねえ σ(^_^;)

 

「とんこつラーメンに魚の粉を入れただけやん!」

 

てな感じで・・・

 

 

果たしてこのラーメンは大丈夫なのか?

 

 

 

 o0640048113910107534

 おお、見た目は天下一品みたいな色

 濃厚そうなカンジですね

 ちなみに麺は乾麺を使っています。

 

 

では、実食!

 

 

おや? 思ったよりあっさりなカンジ

 予想に反してすぐに感じたのは醤油です

 そして強調しすぎない魚の風味

 塩分も濃すぎず、全体的なバランスをとって作られた感じですね。

 

魚の風味がさりげないので、鮭節の味はよく分かりませんでした。

 

きっと鮭節(さけぶし)自体、鰹節(かつおぶし)に比べて

 あっさりなのではないでしょうか?

 

鮭節ってどんな味なのか?

 気になったのでネットで調べてみたら

 やはり、鮭節(さけぶし)は比較的新しいものでした。

 

 さらにネットには以下のように書いてありました。

 

 鰹節(かつおぶし)の旨味成分は

 「イノシン酸」と呼ばれる動物性食品に多く含まれる成分です。

 

 一方、鮭節(さけぶし)の旨味成分は

「グルタミン酸」と呼ばれる植物性食品に多く含まれるものです。

 

なるほど、これを読む限りやっぱり鮭節はあっさりなカンジですね。

 

他にも、シイタケやホタテ等に多く含まれる、

「グニアル酸」なんて旨味成分も

 鮭節(さけぶし)には含まれているそうです。

 

 つまりは旨味成分がかなり含まれているということですね。

 

 これは鮭節を入手して直接食べたり

 出汁として使ってみなければ、という気にさせられますね

今後の使われ方の開発に期待です (°∀°)b

 



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree