なんて偶然!


 

 

前回からの続きです。

 

愛媛の高校時代の悪友と再会した数日後、

 

仕事中のことです。

 

 

学校の先生をされている女性の患者さん

 

ここでは Aさん としておきます。

 

Aさんとの会話中

 

「教頭になるには試験受けて教育委員会に行って・・・」

 

といった内容の話で

 

 

(私)
「あ、愛媛の高校の時の担任が、その状態になってたって、聞きました」

 

(Aさん)
「え?先生(私のこと)、愛媛のどこだったんですか?」

 

 

(私)
「N市です」

 

(Aさん)
「あ、私もです」

 

 

(私)
「もしかして東高とか?」

 

(Aさん)
「まさしく!」

 

 

(私)
「私、今41歳ですけど」

 

(Aさん)
「誕生日がきたら43です」

 

 

(私)
「おお、2コ上の高校の先輩ですやん (ノ゚ο゚)ノ」

 

(Aさん)
「1年間、同じ空間にいてたんですね (^O^)」

 

 

う~ん、大阪の摂津市愛媛の高校時代の先輩に出会えるとは・・・

 

しかも、2コ上なだけで1年かぶってるし

 

 

(Aさん)
「教育実習も東高だったんですよ。

 家庭科だから O先生 が付くのかと思ってたらもういてなくて、

 のほほんとしたF先生でした。」

 

(私)
「ああ、O先生・・・女子の間で Ochi婆 と呼ばれて恐れられていた先生ですね(笑)」

 

(Aさん)
「そうそう(笑)」

 

などと、高校ネタで盛り上がりました γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ

 

 

今回の出会いはかなり奇跡的ですが

 

地元があって、地元に住んでいる人の場合、

 

こんなことが時々あるのでしょうか?

 

 

少なくとも、3年おきに親の転勤で引っ越していた

 

私よりは確率が高いでしょう。

 

地元がある人っていいなあ・・・σ(^_^;)

 

 

 

 

 

 



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree